ありきたりなテロップも一気に面白くなる!テロップ順番に分けて表示させる簡単な方法を解説【Premiere】

前回YouTubeのテロップで非常に使いやすい「水曜日のダウンタウン風テロップ」の作り方をご紹介しました。

水曜日のダウンタウン風テロップの作り方。文字数に合わせてテロップベースも伸縮するPremiereのテンプレートです【YouTubeに】

Premiereを使った動画制作で、もうちょっと自分のテロップが面白くなればいいなと悩む方に、絶対おすすめしたいテロップデザインの一つです。

 

今回は作ったテロップをそのまま表示させるだけでなく、さらに視聴者の印象に伝わるための、動きのあるテロップテクニックをご紹介します!

 

一行内での分割表示がめっちゃ効果的

何はともあれこちらの映像をご覧ください。

何も考えずにテロップをのせた場合と、水曜日のダウンタウン風にデザインされたテロップを一行内で分割表示させた場合との違いです。


いかがですか?順番に表示されて文字に動きがあると、一目瞭然で印象に違いがでると思います!

 

ただ文字を一行分そのまま置いただけだと、画像と長い文字数の両方を視認するのに若干の焦りが生じて、動画に集中できないという心理が働きます。

一行内で少ない文字数であっても、文節ごとに分割して表示させれば映像との視認性もぐっと増しますし、

話者が次に何を発言するのかわからない一瞬のドキドキ感や、思いもよらなかった言葉が表示されるとサプライズ感もありますよね。

 

このことからテロップデザインは「いかに見せないか」という技術も重要になってきます。

 

分割表示させる方法

今回もPremiereを使った方法をご紹介します。

上の動画の「探せ!この世の全てをそこに置いてきた」というテロップを、一行内で3回分割させたいとして、

テロップがタイムラインに置かれた後のステップを簡単に説明しますと、

  • STEP.1
    初めの文字にマスクをかける
    該当テロップの最初に表示させたい文字に、エフェクトからマスクをかけます。
  • STEP.2
    複製してマスクを拡大
    STEP.1のクリップを発言の位置に合わせて複製し、マスク領域を2番目に分割したい文字まで拡大します。
  • STEP.3
    さらに複製・マスクを削除して全体を表示
    同様にSTEP.2のクリップも発言に合わせて複製・位置調整して、福世されたクリップのマスクを削除すると、一行を順番に分割表示させることができます。

という工程となります。

 

テロップのデザインはこの際何でも構いませんが、前回の記事から水曜日のダウンタウン風テロップをダウンロードできるようになっているので、是非参考にしてみてください。

水曜日のダウンタウン風テロップの作り方。文字数に合わせてテロップベースも伸縮するPremiereのテンプレートです【YouTubeに】

では画像を踏まえて解説していきますよ。

 

STEP.1

まずはテロップが動画上に置けた状態からスタートです。

 

 

「探せ!この世の全てをそこに置いてきた!」を3分割して順番に表示させます。

つまり「探せ」と「この世の全てを」と「そこに置いてきた!」の3つのクリップを作ることになります。

まずは最初のクリップとして「探せ!」の音声の幅にクリップの長さを調整します。

サウンドトラックは大きく表示させることで、波形をたよりに幅を決められますよ。

 

次にこのクリップにマスクをかけます。

エフェクトコントロールのタブから「不透明度」の欄にある四角のアイコンをクリックしてみてください。

 

するとマスクが適用されますので、モニターに表示されている青の四角形より外側にあるオブジェクトは見えなくなります。

 

マスクをドラッグしてテキスト上に持っていくと、きちんと見えるようになるので安心してください。

 

マスクはデフォルトで境界のぼかしが設定されているので、これを0にすることで境界がくっきり見えるようになります。

 

ぼかしを切った境界がこんな感じです。

 

あとはマスクをドラッグして「探せ!」の部分だけ表示させるようにします。

 

STEP.2

次に二分割目の文字「この世のすべてを」という部分を作ります。

STEP.1で作ったクリップを「Alt+ドラッグ」ですぐ隣に複製します。

そして音声波形を参考にして「この世のすべてを」というセリフの幅に合わせて、クリップの長さを調整します。

 

先ほどと同様にマスクをかけていきます。

今度は「探せ!」のマスク領域から「この世のすべてを」の部分まで拡張させます。

マスクを拡張する場合は、shiftを押しながらマスクのコーナー付近にマウスを近づけると「↔」アイコンに変わるので、そのままドラッグするとマスクの面積が広がります。

境界の文字間が狭いかもしれませんが、なるべくギリギリを狙ってみてください。

 

最後のテロップも先ほどと同様に、STEP.2で作った手前のテロップを複製します。

 

STEP.3

最後のテロップは全表示ということになるので、マスクを削除しましょう。

画像の赤で示している部分でdeleteすることで、マスクを削除できます。

 

 

するとこのようにすべてのセリフが表示されました。

 

設定は以上となります。

マスクをかけて複製→さらにマスクを拡張させて複製→最後のマスクを削除、という流れです。

Premiere上で完成したテロップを見てみましょう↓


上手く順番に表示されていますね!成功です!

キャラクターの発言の強さが、ぐっと引き出されていると思います!

まとめ

分割表示いかがだったでしょうか?

ありきたりなテロップが、一気に印象的になって作る身としても楽しく編集できるかと思います。

3分割する機会はあまりありませんが、二分割程度なら慣れればかなりスピーディに設定できます。

 

動画のテイストに対してテロップデザインは変えたほうがいいと思いますが、水曜日のダウンタウンテロップはかなり汎用性があるほうなので、ぜひお試しください。

最後に先ほど紹介したテロップ比較のロングバージョンを用意したのでご覧ください。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です