水曜日のダウンタウン風テロップの作り方。文字数に合わせてテロップベースも伸縮するPremiereのテンプレートです【YouTubeに】

「この動画、テロップでもっとにぎやかにできないかなぁ…」

 

困った時に使いたい、優秀な切り札テロップがたくさんストックされてたり、

ちまちまセッティングしなくてもすぐに使えるテロップがあれば、YouTubeなど日ごろの動画づくりがもっと楽になると思います。

 

そんなテロップデザインでお困りのあなたに、ナウくてキラー(?)なテロップデザインをご紹介します。

名付けて、

「~水曜日のダウンタウン風~文字に合わせて自動で板が伸びてくるエッセンシャルグラフィックステンプレートテロップ」です(長い!)

 

要するに、水曜日のダウンタウンという番組で有名なテロップデザインがあるんですけど、それに似たテロップを素早く動画に組み込める方法を見つけたよ!というtipsですね。

Premiereでの編集を前提にしていますが、テンプレート自体はAfter Effectsから作るのでそちらもご用意ください。

(ダウンロードもありますのでご心配なく)

 

どんな時に使うん?

話の掛け合いや、説明の流れが一通り終わった直後に、強く印象付けたい一言などに向いています。

実際はそんなに意味のない言葉でもそれっぽくなってしまうので、無理やり笑いを取りたいときなどの「強硬策」としてもおすすめです。

まさにお笑い系用途の代名詞であるこのテロップは、出演者の発言やナレーションの心の声などを、漫才のツッコミさながらに強烈にアピールできます。

 

従来の作り方は手間

このテロップ、文字の裏に一枚だけ板(テロップベース/座布団とも)が後ろに置かれてあるだけだから、だれでも簡単につくれるのでは?

と思いきやですが、

Premiere単体だとレガシータイトルでテキストを作って、長方形を引いて図形を作って、最背面に送って、前面のテキストボックスに対して板のサイズをちびちび合わすという工程は、割と手間です。

テロップごとにフォントサイズも違うので、きっちりすべての板が同じサイズかっていうと微妙に違いますよね、これも問題なんです。

しかもテキスト内容の変更があれば、板のサイズも調整し直さないといけません。とてもだるい。

 

そんな問題をすべて解決できるのが今回ご紹介するテロップです。

僕もこのダウンタウンテロップを、エッセンシャルグラフィックスのテンプレートとして登録してからというもの、その使いやすさのせいかついつい多用してしまうくらい、日々のテロップ制作でとても頼れるレギュラーになっています。

今回作るテロップの最大のメリット

まず第一に、文字入力に合わせてテロップ裏の板(テロップベース/座布団)が自動で設定され、変更に応じて伸縮します。

従来の手法では入力する文字数に合わせて板のサイズ調整を行っていましたが、それが全く要らなくなります。文字と板が常に一定のマージンで伸縮します。

 

もうひとつは、初めからセンタリング設定されているという点や、文字スタイルの設定をある程度整えているという点も非常においしい仕様です。

 

従来の作業では

「レガシータイトルをタイムラインにつくる」→「テキストを入力する」→「カラーや縦横比やカーニングの調整」→「板を作って最背面に置く」→「色の設定」→「テキストに合わせてサイズの設定」→「テキストと板をセンタリング/Y軸調整」

という7ステップくらいで作成していました。文字の変更があれば、板サイズの再調整が必要となってしまい、かなり手間です。

 

しかし今回紹介するテロップでは、

「テンプレートをタイムラインに置く」→「テキストを入力する」→「Y軸調整」→(必要に応じて板のカラー変更)

という約3ステップで完了しちゃうんです!

水曜日のダウンタウンテロップの作り方

このテロップづくりにはAfter Effectsがあるけど、使ったことのない方でもくじけないようにしっかり説明します。

「はっきり言って作るのは面倒!」「After Effectsもってない!」

という方向けに、記事の最後にダウンロードリンクもお作りしていますので、ぜひ持って行っちゃってください。

 

ちょっとその前に、エッセンシャルグラフィックスってなんじゃ?(初心者向け)

簡単に説明すると、Adobe Premiere CCとAfter Effectsに搭載されている、誰でも簡単に文字などにアニメーションをつけることができるテンプレートの一覧パネルのことを指します。

実は従来まで当たり前のように使われてきたPremiereのテロップ制作ツールである「レガシータイトル」が、Adobeの方針で文字通りレガシーになろうとしています。

レガシータイトルは今後廃止され、テキスト機能はすべてエッセンシャルグラフィックスに移行しようとしているのではないかと噂されています。

しかしエッセンシャルグラフィックスは、レガシータイトルから編集機能を9割削いだものといっても過言ではないくらい、テキストデザインの幅が利かないので、今後が少し心配です。

 

しかし唯一素敵な機能があるといえば、

After Effectsで作ったモーションにある程度編集点を残して、Premiereのテンプレートとして保存できるということですね。

今回紹介するテロップはその機能を応用しています。

水曜日のダウンタウンテロップができるまで

  • STEP.1
    After Effectsを起動
    なにはともあれプロジェクトとコンポジションを作ります。
  • STEP.2
    テキストレイヤーを置く
    好みのフォントやサイズ、位置や色など調整します。
  • STEP.3
    エフェクト設定(重要)
    文字を打つごとに自動で背景の板が伸びてくるようにエフェクトを適用します。 
  • STEP.4
    エッセンシャルグラフィックスに保存
    テンプレートとしてPremiereでつかえるように保存します。

それでは実際に作り方を説明していきます。

 

ステップ.1/After Effectsを起動~テキストレイヤー作成

まずはAfter Effectsを起動しましょう。

新規プロジェクトをクリックします。

 

プロジェクトパネルを右クリックして「新規コンポジションを作成」を選択します。

次に出てくる画面では以下の点を、Premiereで作りたい映像の設定と合わせておきましょう。

・コンポジション名はなんでもよいです

 

・解像度

→Premiereで扱う動画サイズやシーケンスで設定した解像度に合わせておきましょう。

 

・テロップのデュレーション(長さ)

→レガシータイトルとは違って、Premiereのエッセンシャルグラフィックスのテンプレートは、テキストではなく動画扱いなので、初期設定した動画の長さ分(デュレーション)だけ運用されます。

長すぎず身近過ぎずがおすすめですが、とりあえず5秒くらいがちょうどいいのではないでしょうか。

 

・背景色

→オブジェクトが見やすいように便宜上設定できますので、作品には反映されません。どんな色のオブジェクトが乗っても視認しやすいように、とりあえず適当なグレーを設定します。

 

次に左下のレイヤーパネル内で右クリックして、新規→テキストをクリックします。テキストレイヤーを作りますよ。

 

するとこんな風にテキストレイヤーが生成されましたね。

ソースモニタにも中心に小さなテキストカーソルが見えています。これで文字を打つことができます。

 

ステップ.2/テキストの位置決め~フォントの調整

とりあえずこんな感じで文字を打ってみました。ここでは「源ノ明朝(太さ:Heavy)」というフォントを使っていきます。

 

ここでワンポイントアドバイスですが、ソースモニターの右隅にガイドラインを表示させるアイコンがあります。

画像では画面拡大率(50%)を変えるすぐ右隣りにあるアイコンです。タイトル/アクションセーフという項目にチェックを入れます。

 

「shiftキー」を押しながら「↓」を押し、テロップをセーフラインまで下げます。あくまでラインは目安ですのでテロップ位置は大体で構いません。

 

ここからはフォント調整を行います。

ちょっと大きいくらいがインパクトとして面白いので、今回はフォントサイズを130pxに設定します。

 

 

文字が大きくなると、当然全体の横幅が画面に対して狭く感じるので、カーニング(文字間)はきつめに設定します。

文字と文字が接触するギリギリくらいがちょうどいいです。今回は-65に設定しました。

 

「水曜日のダウンタウン風テロップ」は15文字ですが、これは人が一行内で自然に視認できる最大の文字数です。

テロップ制作ではこの文字数を目安にして、なるべく文字をつめすぎずにデザインしますが、

カーニングを入れてもなお15文字の文が画面に対して狭く感じる場合は、文字の縦横比も少し縦長にしておきます。110%~115%くらいがちょうどよいかと思います。

普段から目にするテレビのテロップも、一行に文字を収めるせめぎあいで日々作業されているので、

文字に強烈な長体がかけられたテロップは、バラエティ番組では結構でてきますよね。

それこそ水曜日のダウンタウンテロップは、長体がかけられた文字だからこそ、ある意味で成り立っている雰囲気かもしれませんね。

 

ステップ.3/エフェクトをかける

続いて自動で伸びる板をエフェクトを駆使して作っていきます。

まずは以下の3つのエフェクトをかけてください。

・高速ボックスブラー(エフェクト→ブラー&シャープ)

 

・塗り(エフェクト→描画)

 

・トーンカーブ(エフェクト→カラー補正)

 

すべて設定できるとこのような画面になっているかと思います。

既に文字が赤くなっているかと思いますが、ご心配なく。画面左のエフェクトパネルを触っていきたいと思います。

 

まずはエフェクト設定を画面のように合わせてみてください。

高速ボックスブラーの設定

  • ブラーの半径・・・40
  • 繰り返し・・・1
  • ブラーの方向・・・水平及び垂直
  • エッジピクセル~~のチェックボックス・・・チェックしない

 

塗りの設定

  • 塗りつぶしマスク・・・なし
  • すべてのマスク・・・チェックしない
  • カラー・・・任意(板のカラーになります)
  • 反転・・・チェックしない

 

トーンカーブの設定

  • チャンネル・・・アルファ
  • グラフ・・・一番下の点をY軸に沿って最大まで上げる

 

上記のようにエフェクトを設定し、トーンカーブの一番下のポイントを、グイっと最大まで持ち上げると、

なんと色付きの四角の板が現れるんです。詳しい仕組みは割愛しますが、テキストボックスがまるまる塗りつぶされているという状況です。

 

あれおかしいな?さっき入力した文字はどこにいったの?と心配になりますが、大丈夫です。

最後にかけるエフェクトがこの「CC Composite(エフェクト→チャンネル)」なんです。こちらを適用してみてください。

 

すると、このように板の上に先ほど入力した文字がそのまま浮かび上がったように復活します!

なんだかそれっぽくなってきました!

CC Compositeは、「エフェクトをかける前の最初の状態をレイヤー内で上乗せする」というシンプルな機能です。

 

あとは微調整をするだけです。

高速ボックスブラーの半径は板のスケールになっているので、文字ぎりぎりまで板を狭くすると本家と結構似てきます。

 

 

ステップ.4/エッセンシャルグラフィックスに保存~Premiereで使う

メニューバーのウインドウからエッセンシャルグラフィックスをクリックすると、画像のようなパネルが表示されます。

このパネルでは、Premiereにエッセンシャルグラフィックスとしてテンプレートを送った場合、編集できるパラメータを設定することができるんです。

ただし、この機能が不完全なところは、フォントにかかわる設定まではPremiereに送れないという、結構致命的な欠点があります。

つまり文字色やカーニングなど文字パネルとして独立している機能は設定できません。

設定できるのはあくまで後からエフェクトをかけたパラメータの一部だけです。

 

ポイントとしては「文字色」もPremiereでは変更が利かないため、いっそ割り切ってい文字色ごとにテンプレートを作るということです。

実際水曜日のダウンタウンでも、この板テロップに関しては文字色は白字と黒字しか使っていません。僕もその2パターンを登録しています。

 

文字サイズはPremiereでスケールアップして対応、縦横比もPremiereでなんとかなります。

残念ながらカーニングはAfter Effectsで設定した状態を使い続けるしかありませんので、多少気持ち悪くてもあきらめてください。

唯一Premiereに送るパラメータで唯一遊べるのは、塗りのカラーすなわち「板のカラー」と、ブラーの半径調整による「板のサイズ」ということになっています。

まあ実際使ったほうがよくわかるので、完成したら試してください。

 

話を戻して、

テキストレイヤーを展開して、以下の項目をパネルにドラッグします。

 

 

Premiereのエッセンシャルグラフィックスパネルで表示されるテンプレート名を記入します。

「水曜日のダウンタウン風テロップ(白文字)」と記入してみます。

ソーステキストのプロパティを表示をクリックします。

 

 

するとこのようなダイアログが出るので、チェックボックスをすべて選択しておいてください。

 

あとは「モーショングラフィックステンプレートを書き出し」をクリックしてください。

Premiereで一覧表示される際の検索タグを設定できます。

OKをクリックした後、Premiereを起動して確認してみましょう。

 

Premiereのエッセンシャルグラフィックスパネルに「水曜日のダウン風テロップ」とサムネイル表示があるのがわかります。検索ボックスがあるので、登録時に入力したタグから一発で検索できます。

サムネイル段階で分かりやすいように、After Effectsでテキストを書く段階で、テンプレート名そのものを入力しておくことをおすすめします。

 

下の画像のようにタイムライン上に「動画クリップ」扱いで配置できます。

クリップのデュレーションはAfter Effectsで作ったコンポジションのデュレーションと同じです(5秒くらいに設定したやつ)

クリップを選択してパネル内の「編集」に移ると、先ほど登録したエフェクト情報が反映されています。

文字を変更したいときは「ソーステキスト」のボックスに入力してください。

 

ためしに「水曜日」というテキストに変更してみると、

文字数の分だけちゃんと板も短くなってます!感動!

 

 

自動ってなんて素晴らしい。

 

長方形のパスも呼び出さなくていい、バウンディングボックスも触る必要なし。フォントもカーニングも全て気にする必要なない。

限界までいろんなパラメーターを割り切ったおかげで、エッセンシャルグラフィックスで成しえる技です。

 

エッセンシャルグラフィックスのいいところは、レガシータイトルみたいにプロジェクトパネルでファイルが増殖しないという点もあります。

ここぞ!というフレーズが出れば、一つでもこのテンプレートクリップを事前に作っておくだけで、Alt+ドラッグでどんどん複製し、それぞれのポイントでキメのテロップを打ち込むことができるわけです。

 

テンプレートファイルダウンロード(せっかちさん向け)

以上の工程で作ったPremiereで使えるテンプレートを、専用のファイル形式で用意しました。

After Effectsを持っていない方でも、このファイルをPremiereに読み込むことで、今回紹介したテンプレートを使うことができます。

水曜日のダウンタウン風テロップをダウンロード

zipの中にはMOGRTファイルが2つ入っています。Premiereでは文字色が変更できない仕様のため、黒文字と白文字を用意しました。

Premiereへの読み込み方ですが、エッセンシャルグラフィックスパネルの右下(黄色い四角)にアイコンがあります。

これをクリックすると、ダウンロードしたファイルがローカルフォルダから読み込める流れになります。

モーショングラフィックステンプレートのインストール

 

YouTubeなどの軽快な映像などで、ぜひ活用していただければと思います!

次回の記事ではこのテロップを応用して、さらにインパクトのある表示方法をご紹介するつもりです。

2 Comments

かの

はじめまして。かのと申します。
水曜日のダウンタウン風テロップの記事を参考にさせていただきました。
とてもわかりやすく、AE上ではすぐに作成することができたのですが、
Pr上で使おうとエッセンシャルグラフィックスの場所からタイムラインにドラッグしたのですが、使用することができませんでした。(タイムライン上に配置することができない状態です)

もし何か解決方法がわかりましたらご教授いただけましたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

返信する
かの

先ほどコメントで質問をしたものです。
作成したエッセンシャルグラフィックスがpremiereで使えなかったのですが、
私が使用していたpremiereがCC 2018だった為でした。
CC 2019を使用したところ、問題なく使えました。

お騒がせして申し訳ありません。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です